乳酸菌ってなぁに?便秘に効果的って本当ですか??

MENU

乳酸菌ってなぁに?便秘に効果的って本当ですか??

 

 

 

まず、便秘とは「3日以上便が出ていない、もしくは残便感がある」情態のことをいいます。
では、便秘の時、腸内はどうなっているのでしょうか?

 

 

 腸には元々善玉菌と悪玉菌が住んでいます。
ストレスや偏った食事など、本当に些細なことが原因で、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、その結果悪玉菌が増えると便秘が起こります。腸が助けてほしいとサインを出すんですね。このバランスを整えてあげると便秘が解消すると言うことです。

 

 

 では、どうやったらバランスを整えてあげられるのかですが、ここで登場するのが「乳酸菌」です。
 乳酸菌が腸で増えると「乳酸と酢酸」という有機酸が作られます。
この有機酸が腸内を弱酸性にすることで悪玉菌が住みにくい腸に変わるんです。悪玉菌は腸の動きをサボらせる働きがあるのに対し善玉菌は腸を元気に動かせる働きを持っています。

 

ですから、「乳酸菌を摂取する→腸で有機酸に変身→善玉菌が増える→腸が元気になる→便秘とさよならできる」と言うことです。

 

 

 乳酸菌の代表といえば乳製品です。毎朝朝食時にヨーグルト1個を食べましょう。継続して続けることで腸は常に元気な情態になります。

 

もし、乳製品が苦手だというならば、サプリメントもあります。自分にあった方法で、賢く乳酸菌をとり、毎日元気な腸で楽しく生活しましょう。

 

 

≫スマートガネデン乳酸菌で便秘とダイエット♪私の口コミ効果はコチラ≪