オイルクレンジングは肌に悪い?

オイルクレンジングは「老いるクレンジング」と、有名な美容研究家の方が
著書で書かれて以来、もう5年くらいになりました。
なんでも、界面活性剤が配合されているから洗浄力が高すぎるとか、
台所用の食器洗剤と一緒だと言われています。

でも、私はずっとオイルクレンジング派です。

正しいオイルクレンジングの方法で、全然老いることはありませんし、
自分で言うのもなんですが、色白−10歳肌が実現できています!

そんなわけで、
正しいオイルクレンジングの方法をご紹介します。
酵素青汁111選
まず、手を綺麗に洗います。
そしてオイルを用法通り、手にとります。
そして顔になじませますが、このとき、こすらずに顔をさわるように
馴染ませます。
全体にオイルをなじませたら、手に残ったオイルを乳化させます。
少量の水を食われることで、オイルが白っぽくなります。
これが乳化なんです。
乳化したオイルをまたゆっくり顔にのせ、顔全体のオイルも乳化させていきます。
そしてしっかり水やぬるま湯で洗い流します。

これで、しっとり綺麗なお肌になりますよ。

この乳化という手順がオイルクレンジングには必須です。
この作業をせずにそのまま洗い流すから、
肌がカサカサになってしまいがちなんですよね。

しっかり乳化できていたら、毛穴の汚れもすっきりで、ダブル洗顔要らずですよ!